英語の金言 さんがく塾(燦学塾)

Don’t write so that you can be understood , write so that you can’t be misunderstood. – William Howard Taft

理解してもらえるように文を書いてはいけない。誤解されないように書け。それが大事。