さんがく塾 塾長 村井章彦の著書

「世にも不思議なクリス本の表紙タル」が発売となりました!

子供たち・若者を理科<科学技術>の楽しさへと導くエッセイ本

詳細・購入はこちら

 

 

小学校と中学校そして高校時代は勉強と向き合う、とても大切な時期です。その後の人生を大きく左右します。この時期に勉強(ものごと)に取り組む基本の型を身につけることが大事だと思います。それは本人にとって一生の財産になるでしょう。自分の人生を切り拓く力になると思います。成績が上がったり、分からなかったことが分かったり、知識が自分に身についてくると面白くなってくるのも勉強です。そして勉強の仕方や整理の仕方をほんの少し工夫をしたり、考え方を変えたりして自分流が加わってくるとさらに面白くなってきます。目に見えない小さな差がやがてはハッキリとした大きな違いになるものです。当塾ではしっかりとお子さまの学習を指導いたします。